寝るときに足が冷たくて眠れない原因とは?寝る前に足を温めるコツ4つ紹介! - 《公式》alpoca(アルポカ)
ページ
トップへ

寝るときに足が冷たくて眠れない原因とは?寝る前に足を温めるコツ4つ紹介!

     

寒い季節になると足先が冷えてなかなか眠れないという人は多いでしょう。そのような場合には、寝る前にしっかりと足を温める必要があります。足を温める方法にはいくつかのコツがあるので、知っておきましょう。

寝るときに足が冷たくて眠れない原因とは?

寒い季節になると、布団に入っても足先が温まらず、冷たくてなかなか眠れず悩んでしまうという人は多いでしょう。

足先が冷たくなってしまうのは、気温が低くて血管が収縮して、体内の熱を外に逃がさないようにしようとするためです。体内の熱が外に逃げないため、体の表面の温度が下がって冷えを感じてしまいます。

特に足先は心臓から離れていて、血管も収縮していることから、血液によって熱を運ぶことが難しくなるので、冷えやすくなっています。

寝る前に足を温めるコツ4つ

足先が冷えてなかなか眠れないと悩んでいる人は、足先を温めることで眠りやすくなります。しかし、足先は布団に入るだけでは温まるまでに時間がかかってしまうこともあります。

そのため、眠りやすくするためにも、足先は寝るときに温めるのではなく、寝る前に温める必要があります。また、寝る前に足先を温める際にはいくつかのコツがあります。

寝る前に足を温めるコツ1:体を温める飲み物を飲む

寝る前に生姜湯、葛湯、ホットミルクなどの体を温める効果が期待できる飲み物を飲みましょう。

コーヒーや紅茶、煎茶などでもホットにすれば体を温めることはできます。しかし、これらにはカフェインが含まれているので眠りの妨げとなってしまうため、飲むことは避けるようにしましょう。

寝る前に足を温めるコツ2:足つぼマッサージをする

かかとの膨らんだ部分の中央に失眠というツボがあります。この失眠は不眠解消の効果があると言われています。また、むくみ、下半身の冷え、足の疲れなどにも効果があると言われています。

そのため、寝る前に失眠を刺激することで眠りやすくなることが期待できます。また、足が冷えるのは寒さによって血流が悪くなっているためです。足をマッサージして血流も良くしておきましょう。

寝る前に足を温めるコツ3:ストレッチする

足先が冷えてしまうのは寒さによって血流が悪くなっているためです。そのため、寝るときまでに血流を良くしておくことで、足先を温めることができます。

血流を良くするためにはストレッチも効果的です。足先をぶらぶらとさせてほぐしたり、膝を折り曲げて太ももの前側を伸ばしたりなどしましょう。ストレッチは体がほぐれている入浴後に行うことがおすすめです。

寝る前に足を温めるコツ4:ゆるめのくつ下を履く

寝るときに足先を冷やさないために靴下を履くことは効果的です。ただし、ぴったりとして足首を締め付けるような靴下は履かないようにしましょう。

足首の締め付けによって血行が悪くなってしまったり、足裏に汗をかいたりなどすると逆効果となってしまいます。そのため、寝るときの冷え対策として靴下を履くのであれば、1サイズ大きめでゆったりとした靴下を履くようにしましょう。

寝る前にしっかり足を温めよう!

寒い季節になると足先が冷えてなかなか眠れないという人は多いでしょう。そのような場合には、寝る前にしっかりと足を温める必要があります。

寒い季節にゆっくりと眠れるようにするためにも、いろいろな方法やグッズを試して、しっかりと足を温めるようにしましょう。

     
記事監修

イシハラクリニック副院長 医師 石原 新菜(イシハラ ニイナ)


医学生時代に父の石原結實とともにメキシコ、ミュンヘン、イギリスを視察し、自然医学の基礎を養う。
現在は、クリニックでの診療の傍ら、執筆活動、講演なども行う。「ホンマでっか!?TV」「ヒルナンデス!」など人気テレビ番組にも多数出演。 著書に13万部を超えるベストセラーとなった「病気にならない蒸しショウガ健康法」(アスコム)他、約40冊がある。

石原新菜 オフィシャルサイト

SHARE