胃が冷える原因とは?胃を温める方法7つ|あわせておすすめの商品を紹介 - 《公式》alpoca(アルポカ)
ページ
トップへ

胃が冷える原因とは?胃を温める方法7つ|あわせておすすめの商品を紹介

冷え性にはいろいろな種類があり、お腹が冷えるタイプの冷え性の場合は内臓型冷え性の可能性があります。冷え性の対策をするためには、その種類に合わせた対策をする必要ががあります。この記事では胃が冷える原因や温める方法、胃を温めるのにおすすめの商品を紹介しています。

胃が冷える原因とは?

冷え性にはいろいろな種類があり、手足が冷えるという人もいれば、下半身が冷えるという人もいます。また、お腹が冷えるという人もいます。お腹が冷えるタイプの冷え性は、内臓型冷え性の可能性があります。

内臓型冷え性は、冷たい飲み物や食べ物などを摂りすぎて内臓を冷やしてしまったり、ストレスによって自律神経が乱れてしまって内臓の働きがうまく調節できなくなってしまうことなどが原因で起こります。

内蔵型冷え性

内臓型冷え性は内臓が冷えることで起こる冷え性です。特にお腹が冷えるという場合には胃が冷えてしまっている可能性があります。内臓が冷えることで起こる症状には、だるさを感じやすくなったり、身体機能が低下するなどがあります。

内臓型冷え性は体内から冷えるので、手足のように冷えを感じにくく、自身が冷え性であるということに気がつかない人もいるので注意が必要です。

胃を温める方法7つ

胃を温める方法7つ

お腹が冷えるタイプの冷え性は胃が冷えてしまっている可能性があります。

そのため、胃が冷えるタイプの冷え性を改善するためには、胃を温める必要があります。 ここからは、胃を温める方法を7つ紹介していきます。自分に適した方法を見つけて実践してみましょう。

胃を温める方法1:温かい食べ物を摂る

胃が冷えている場合には温かい食べ物や飲み物を摂って、胃を温めることも重要になります。
また、胃を温めることは全身の血液の流れを良くすることにも繋がります。

温かい料理を作る際には生姜やねぎ、味噌などの体を温める効果が期待できる食材を使うようにしましょう。
逆に、きゅうりやトマト、ナスなどの体温を下げてしまう食材の食べ過ぎに注意しましょう。

胃を温める方法2:腹巻きを使う

胃を温める場合には、お腹が冷えないようにもしておかないといけません。
そのため、腹巻を使ってお腹が冷えないようにしましょう。

腹巻にも可愛いデザインの物や身につけていても目立ちにくい物、お腹を大きく覆ってくれる物などのいろいろな種類があるので、自分に使いやすい物を見つけましょう。

ただし、腹巻きを選ぶときには締め付けの少ない大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

胃を温める方法3:カイロを貼る

胃を温めるためには、お腹を温める必要があります。お腹を手早く、手軽に温める方法としてカイロを使うという方法があります。

カイロでお腹を温める場合は胃腸を温めるようにすると良いので、おへそから2cm〜3cmほど上の辺りを温められるようにしましょう。

また、腹巻も合わせて使うと効果的でしょう。ただし、カイロを使う場合には低温火傷に注意しましょう。

胃を温める方法4:湯船につかる

お風呂はシャワーだけで済ませるという人もいますが、温かいお風呂に浸かってしっかりと体を温めるようにしましょう。お風呂で体の芯まで温めれば、胃を温めることもできます。

ただし、お風呂で体を温める場合はお湯を熱くしすぎないように注意しましょう。

お風呂が熱すぎると汗を過剰にかいてしまい、逆に体を冷やしてしまうことがあります。そのため、お風呂で体を温める場合は40度前後のお湯にしっかりと浸かるようにしましょう。

胃を温める方法5:適度に運動をする

筋力が低下したり、運動不足になったりなどすると代謝が悪くなり、血流も悪くなってしまいます。そのため、代謝を上げて血流を良くするためにも、適度な運動は必要になります。

運動によって血流が良くなれば、内臓にも血液が流れて冷え性の改善に繋がります。

ただし、激しすぎる運動は汗をかきすぎて体温を下げてしまう可能性があり、日常的に続けることが難しかったりなどもするので、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動がおすすめです。

胃を温める方法6:ストレスをためないようにする

内臓型冷え性はストレスが原因で起こることもあります。ストレスを溜めてしまうと自律神経が乱れてしまい、内臓の働きをうまく調節できなくなってしまうことがあります。
そのため、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

ストレスが溜まっているなと感じた場合は、適度な運動をするとリフレッシュできるのでおすすめです。

胃を温める方法7:服装に気をつける

冷え性は体を冷やさないようにすることが重要です。
そのため、冷え性の場合は厚着をして体を冷やさないようにしましょう。

また、必要に応じて腹巻やカイロも活用するようにしましょう。

ただし、厚着をしすぎて汗をかきすぎると、逆に体温が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

胃を温めるのにおすすめの商品3選

胃を温めるのにおすすめの商品3選

冷え性の場合は、体を温めることが重要です。特に、胃が冷えている場合にはお腹を冷やさないようにしたり、体の内側から温めたりなどする必要があります。

その胃の冷え対策を行うための商品はいろいろとあります。
ここからは胃を温めるのにおすすめの商品を3つ、紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

胃を温めるのにおすすめの商品1:リラクエステコットンシルク腹巻き

胃が冷えないようにするためには、お腹を冷やさないようにすることが大切です。
そのため、腹巻でお腹を冷やさない対策をしましょう。

リラクエステコットンシルク腹巻き」は生地に光電子繊維が使われていて、人の体から出ている遠赤外線を吸収し、輻射することでお腹を温めてくれます。自分の体温でお腹を温めるので、体への負担を減らすことができます。

また、身につけたまま寝てもめくれ上がりにくいデザインとなっていたり、吸湿性と放湿性に優れたシルクが使われており、蒸れにくくなっています。

胃を温めるのにおすすめの商品2:するポカサプリ

体を温めるためには血流を良くする必要があります。そのために、運動をしたり、お風呂で体を温めたりなどすることは重要です。しかし、血流を良くするためにはサプリを活用するという方法もあります。

するポカ サプリ」には体を温めるための生姜やヒハツという薬草などの成分が含まれています。

また、血液の巡りを良くする効果の期待ができる鉄分やポリフェーノールの1種であるサポニンなども含まれています。これらの成分によって、冷え性の改善効果を期待できます。

胃を温めるのにおすすめの商品3:Be-fitブランケット

室内でお腹に冷えを感じた場合に、ブランケットがあるとすぐにお腹にかけられて便利です。

また、ブランケットであれば足や肩など、お腹以外の部分が冷えても温めることができます。

Be-fitブランケット」にも光電子繊維が使われていて、体に優しい熱でお腹を温めることができます。サイズも約100×70cmと大きめなので、膝にかけたり、肩からかけたりなど、いろいろな使い方ができます。

胃を温める方法を知り冷やさないようにしよう!

冷え性にはいろいろな種類があり、冷え性対策をするためにはその種類に合わせた対策をする必要があります。
お腹が冷えるタイプの冷え性の場合は内臓型冷え性の可能性があり、その対策には胃を温めるという方法があります。

また、胃を温める方法もいくつかあるので、自分に適した方法を見つけて冷え性を改善していきましょう。

記事監修

イシハラクリニック副院長 医師 石原 新菜(イシハラ ニイナ)


1980年 長崎市生まれ。幼少期をスイスで過ごし、帰国後は伊豆の緑豊かな環境に育つ。
医学生の頃から自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實と共にメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、英国のブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。

現在は父の経営するクリニックで漢方薬処方を中心とする診療を行うかたわら、「ホンマでっか!?TV」「ヒルナンデス!」「中居正広のミになる図書館」「ZIP!」など人気テレビ番組にも多数出演。ラジオや、講演活動なども積極的に行い、「腹巻」や「生姜」などによる美容と健康増進の効果を広めることに尽力している。二児の母、また女性としての視点からアドバイスにも定評がある。

著書に13万部を超えるベストセラーとなった「病気にならない蒸しショウガ健康法」(アスコム)他、約40冊がある。中国、香港、韓国、台湾、ベトナムなどで翻訳されている。

石原新菜オフィシャルサイト
健康ソムリエ講師

※商品との関係性はございません

SHARE